平地住居

平安時代に竪穴式住居がだんだんと少なくなってきたにも関わらず住居の跡は見つかりません。人口が減ってきたのかというとそんなことはないでしょう。つまり、痕跡が地面に残らないタイプの住宅に住んでいたということです。
最初の平地住居は、家屋文鏡にも描かれているので弥生時代にもあったと思われます。それが時代が下るにつれて庶民の住宅になったようです。平安時代後半の「年中行事絵巻」には長屋が描かれています。
逆にいえば、飛鳥時代・奈良時代の庶民の住宅事情は、史料が乏しいのでほとんどわかっていないのです。

 

参考資料