平屋の外観7種類を解説

作成:2020年2月
平屋といっても様々なデザインが可能です。平屋の外観を7種類に分けて解説します。建てる場所は、郊外なのか?都市なのか?外観は普通のタイプ?デザイン重視?敷地の環境とそれぞれの特徴を組み合わせることで最適な平屋が完成します。

 


標準型


いわゆる普通の平屋。ローコストで建てるとこのタイプになります。ただし、装飾や色合いで和風・欧米風など様々なスタイルを表現できます。



段違い型


主にリビングの天井の高さを変えてハイサイドライトを設置したタイプ。空間に変化が作れるので実際の広さ以上に広がりを感じられます。


片流れ型


ロフトを作りたい場合には大屋根のこのタイプが多いです。ボリュームが出るので存在感があります。


L字型


庭を囲って開いているタイプ。プライバシーの確保をするのにも向いている。


箱型


一方方向にだけ開いているタイプ。正面にきれいな景色がある場合に向いています。


中庭型


住宅が密集しているような都市型の住宅地に向いています。


連結型


個室が連結しているようなタイプ。高さやテイストに変化をつけることで個性的な外観ができます。




クチコミ:0件
1,980円

クチコミ:0件
1,122,000円

クチコミ:0件
9,239円

クチコミ:1件
28,600円

クチコミ:0件
2,916円

クチコミ:3件
2,090円

クチコミ:0件
1,980円

クチコミ:1件
28,160円

クチコミ:0件
4,730円

クチコミ:0件
715円
Supported by 楽天ウェブサービス