鳥[とり]

家屋文鏡に描かれている建物の屋根に鳥が止まっています。弥生時代に穀霊(穀物に宿る霊的存在)を運ぶ生物としての鳥を崇拝することが、鳥形木製品や鳥装のシャーマンらしき人物が描かれた土器から推測できます。つまり、弥生時代は鳥と農耕は密接な関係があたようです。



日本建築史用語
家形埴輪掘立柱


クチコミ:168件
10,000円

クチコミ:9845件
1,200円

クチコミ:2件
10,000円

クチコミ:4件
11,000円

クチコミ:88件
1,270円

クチコミ:54件
10,000円

クチコミ:7件
3,900円

クチコミ:14件
29,800円

クチコミ:20584件
616円

クチコミ:0件
588円
Supported by 楽天ウェブサービス