バウハウス[ばうはうす]

1919年ドイツ・ワイマールにワルターグロピウスにより設立された建築とデザインの造詣学校。教育理念は、芸術と生活を融合するため建築を中軸に、諸芸術の総合や芸術と技術の新しい統一をうたう。20世紀の文化に対する貢献の範囲とその影響の深さは大きなものがある。

バウハウスの関連書籍