ネオクラシシズム[ねおくらししずむ]

新古典主義、18世紀末〜19世紀中ごろにかけて古典時代の再評価を基盤とした厳格な様式。意匠は比例に基づく直線構成となり室内の装飾様式は建築的構成をとるようになった。

ネオクラシシズムの関連書籍