アンピール様式[あんぴーるようしき]

19世紀初頭から中期まで流行した。帝政期のローマや古代エジプトの装飾意匠をもとにした室内装飾や工芸の様式。直線と厳格なシンメトリーを特徴とする。

アンピール様式の関連書籍