建築関連用語集

バウハウス
 1919年ドイツ・ワイマールにワルターグロピウスにより設立さ
ネオルネッサンス
 19世紀における歴史的主義傾向の中で、ルネッサンス建築の再興
ネオバロック
 19世紀後半、ヨーロッパでおこった芸術様式。国家の権威を高め
ネオクラシシズム
 新古典主義、18世紀末〜19世紀中ごろにかけて古典時代の再評
塗籠
 寝殿造りの寝殿に設けられたもの。周囲を壁にして扉をつけたもの
二条城
 京都二条堀川の地に作られた城館。1602年徳川家康が上洛の際
流れ造り
 平安初期に成立したと考えられる神社本殿形式のひとつ。切妻造り
道具畳
 茶席において茶道具を置く場所の畳のこと。
ドイツ工作連盟
 1907年ミュンヘンにてヘルマン・ムテジウスを中心に建築家、
点前畳
 茶席おいて亭主が点茶所作を行う場所の畳のこと。