我家の住宅ローン

記事作成日:2006年7月4日

我家は住宅ローンを借りるのに非常に苦労しました。父親も僕も自営業者(まったく別の仕事)なので、銀行の審査が非常に厳しいのです。年収的には問題なくても審査に必要な書類作成が非常に煩雑らしいのです。そのため、妻がサラリーマンであり、年齢の割には年収がよかったので、妻の名義で借りることにしました。

ただ、銀行の住宅ローンを利用するのはちょっと問題があるらしく、最終的には「フラット35」を利用しました。

「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融公庫が提携して始めた長期間固定金利の住宅ローンです。これにも条件がいろいろあるのですが、常識の範囲内で審査はわりとゆるい印象です。保証料・繰上返済手数料が必要ないというのも細かいところですが魅力ですね。

また、フラット35を利用する場合、一定以上の住宅の品質が求められるので(物件の検査があります)欠陥住宅の確率もグッと低くなるでしょう。

見積もり段階で他のメーカーでも住宅ローンの相談をしたのですが、ある住宅メーカーでは都市銀行と提携していたらしく、金利の優遇がされていました。

まとめ:自分とその住宅メーカーの相性のいい住宅ローンが良い。