特集 ローコスト住宅

ローコスト住宅といえば、1000万円台前半や1000万円以下、坪単価20万円台を想像すると思います。実際、そのような価格帯で販売している住宅メーカーもたくさんあります。そこで重要なのは「なぜ、ローコストなのか?」ということです。「安かろう悪かろう」を避けるためにもローコストの理由がはっきりしている会社を選びたいですね。

大量仕入れで材料費をコストダウン
大手の住宅メーカーの大部分がこれをやっている。

独自の建設手法によるコストダウン
アキュラホーム:「がっちりマンデー」に出演してその手法を紹介。元大工の社長だからできた徹底した建築工程の見直し。

間取りを規格化しているので設計費や営業コストをダウン
セレスホーム ソウワ:住宅を規格化することで設計とその打ち合わせにかかる人件費など一般の住宅建設で必要な初期の経費を限界まで削除。

オープンシステムの採用でコストダウン
杜建築設計室:建て主が設計事務所と組んで専門工事会社に直接発注するので多重下請けによる余計なコストを削除。