管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

ハウスメーカーについて

僕の経験や知識の中からハウスメーカーの特徴を分析したいと思います。
まず、住宅を建てるときに考える業者の種類は、

の3種類だと思います。

それぞれに特徴があり、「絶対にここがいい」というものはありません。欲しい住宅、住宅で重視したいポイント、予算などの条件によって「最適」は違います。それぞれの特徴を理解した上で、建設業者を選ぶのが大前提です。

いろいろな条件を検討した結果、「うちの場合」は、大手メーカーから選ぶことになりました。その条件は以下の3つ。それぞれ解説します。

逆に以下の条件の場合は、工務店や設計事務所のような柔軟に対応してくれるところがいいかもしれません。

また、ハウスメーカーはデメリットもいろいろとあると思います。そのデメリットもきちんと理解して、それを踏まえれば特に問題があるとは思えません。

どちらにしても、大切なことは、先入観にとらわれずそれぞれをきちんと理解して「自分が欲しい住宅を実現してくれそうなところを探す」という視点が重要です。