管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

一条工務店とへーベルハウスのラフプラン

この日は一条工務店とへーベルハウスのラフプランの打ち合わせでした。

■一条工務店
手書きのラフプランにて打ち合わせです。 3人の設計者にラフプランを書いてもらったものを持ってきました。どの案も条件を無視しています(笑)。あと、予算の都合で希望を小さくして設計したようです。どの案もセンスは感じられるのが救いかな?この中で一番イメージに近いものを選んで修正ポイントを打ち合わせしました。お互いに時間を無駄にしないこういうワークフローは結構好きです。ちゃんとした図面にしなくても打ち合わせはできますからね。

■へーベルハウス
やたらデカイ案を持ってきた。74坪ぐらい(他社は60坪ぐらい)。間取りのセンスもない。坪単価を聞くとやたらに高かった(70万ぐらいかな)。こっちの条件ではどう考えても予算以内に収まることはなさそうなので、10分ぐらいで打ち合わせは終わって断りました。
条件は前回教えていて、仕様が決まっていれば坪単価もわかるので、予算以内では収まらないことは事前に分かっていたはずなのに、なぜラフプランを作ると言い出したのか疑問です。お互いに時間の無駄でした。会社の体制を疑いますね。