管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

新井さんに相談

妻の職場の環境系の研究者が絶賛している工務店「アライ」の社長を紹介してもらい、自宅に来てもらいました。この工務店は、高気密工断熱住宅を大手メーカーが取り組む前から実施していて、かなりの研究データがあるみたいです。ポリシーをもって理論をベースに実践している人なのでちょっと期待できるかもと思っていました。

話をしてみると、ちょっとがっかり。私が期待していたのは、会社の紹介をしつつ過去の住宅をみながら考え方とか工夫したポイントを聞きたかったのに、「何でも聞いてください」っていきなり受身の構えを取られた・・・。

ビジネスである以上、社長が最高の営業マンでなくてはならないのに、このスタンスはちょっと取っ掛かりづらい。話の内容は、ちゃんと考えて作っているんだなぁというのは伝わってきたけど、ポジションは研究者ですね。「住宅に対してちょっと意識の高い人」程度では引いてしまうかも。

妻も環境系の研究者(一応ね)の端くれなので、終始、二人で私をいじめている感じでした。。。実際のモノと値段を聞いてみないと分からないけど、デザインはあんまり好きじゃないなぁ。(これは、設計事務所を選べば解決する問題ですけどね)