管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

妻の間取り

妻が間取りを考え始めた。一応、1級建築士の資格を持っているけど、自他ともに認めるほどのデザインセンスは・・・ゼロ。専門分野は環境工学、とくに、実験とか測定とかばかりだから、実用に耐えられる間取りなんて考えられるわけもなく・・・。完成した間取りは、「昭和の匂い」のする、悪い意味で教科書的なプラン。「スペースが余ったから部屋を作りました」的な場所が多い。

期待はしていなかったけど、なんか、がっかり。

間取りは、生活スタイルを大前提に考えないといけないが、それがまったく見えてこない。特に、キッチンとダイニングとリビングのつながり方は、その家庭によってだいぶ違うけど、「どんな生活ししたいのか」という想いがなくてはいけないと思う。