管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

一条工務店の展示場へ

外観があまり好きじゃないけど、木造で考えているので一条工務店のモデルハウスへ行ってきました。
まず、親切だと思ったのが標準とオプションを明確にしていること。本来、住宅には「標準」という概念は存在しません。必要な面積や設備を積み重ねて住宅の価格ができます。それを坪数で割ると「結果的に坪単価が算出」されます。でも、それを逆の考えで、メーカーがコスト管理やお客さんにとって分かりやすく表現するために「標準」というシステムを作り上げました。
この「標準」と「オプション」という仕組みが曲者で、契約後に詳細と詰めていくと思っていた以上に費用がかかるということをあちこちでよく聞きます。

一条工務店は、この不安を解消すべくモデルハウスのあちこちに「標準」や「オプション」のシールを貼っています。実際にはそこまで細かく見ませんが、そういうことをやる姿勢に好感が持てます。また、床下の一部も見れるようになっていて免震構造の仕組みが見えました。

だけど、カタログで見せてもらった外観がどの例もダサイ。かっこ悪い家に何十年も住むのはいやなのでこのメーカーはパスかな?