管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

住友林業の研究所ツアー

住友林業の研究所ツアーに参加してきました。1年に1回だけつくばの研究所を一般公開しているみたいです。
研究所なので公開用の展示物とかはなかったのですが、いろいろと面白いものが見れました。一番の収穫は階段の検証です。回り階段の踏み面の切り方をどういう風にするのが一番安全で上りやすいかを検証するために、数パターンのサンプルが作ってありました。
その他にも免震の仕組みを組み込んだ住宅があったり、暴風の実験設備を体験できたりと飽きさせないツアーでした。

ツアーが終わったあとは、予想通り、営業さんに尋問されました。この段階では具体的な話はあまりできませんでした。というもの、住友林業のシステムでは、最初に5万円を払ってから、間取りを描いてもらう仕組みになっているようです。この中には敷地調査・地盤調査も含まれているので費用としてはかなり安いと思います。tだ、他のメーカーが無料でやってくれることを考えると、高い印象がありますが、僕としては無料でやる方がおかしい(建てない人の分まで建てる人が負担をしているということ)と思うので、この程度の費用なら問題はないと思っています。

ただ、親がこの方式に疑問を感じているので、住友林業とは話がなかなか進まない予感です。