管理人の住宅建築体験記

はじめに
住宅の条件
・2004/07/03 住宅展示場へ
・2004/07/06 オール電化住宅
・2004/08/01 住友林業のイベント
・2004/08/14 両親と相談
・2004/11/06 住友林業の研究所ツアー
・2004/11/07 一条工務店の展示場へ
・2004/11/24 一条工務店のDVD
・2004/12/05 実家で敷地図をもらう
・2004/12/12 妻の間取り
・2004/12/19 私の間取り
・2004/12/22 営業マン交代
・2005/01/03 実家で間取りの検討
・2005/01/12 年回り
・2005/01/15 新井さんに相談
・2005/02/19 住友林業プラン完成
・2005/02/20 一条とHHのラフプラン
・2005/02/26 パナホームと打ち合わせ
・2005/02/27 アライの住宅見学
・2005/03/13 一条工務店の現場見学
・2005/03/26 住友林業の設計士が交代
・2005/04/01 予想外の予算オーバー
・2005/04/02 パナホーム住宅見学会
・2005/04/06 家相を見てもらう
・2005/04/07 断りのメール
・2005/04/09 住まいの体験会
・2005/04/16 敷地調査
・2005/04/18 一条工務店最終見積もり
・2005/04/22 新しい設計士
・2005/04/29 仮契約
・2005/05/06 最後の打ち合わせ
・2005/05/09 2社にお断り
・2005/05/21 契約

ハウスメーカーについて
パナホームについて
住宅建設関連書籍
モバイル版

[続編]契約後の話

住友林業のイベント

住友林業が企画した「欠陥住宅に合わない為のチェックポイント」なるイベントに参加した。講師は、現場監督を指揮する立場の人らしい。しゃべるのは慣れていないみたいだけど、現場の知識が豊富なので言葉に説得力があった。素人では気づかない欠陥の事例をたくさん挙げていたけど、実際に工事をするときに建てる人はその場にいないのでチェックすることができないように思うのだが・・・。「こんなに注意して建てていますよ」って言いたいのでしょう。
その後、営業マンといろいろ話、「土地調査と基本プランニングをさせてくれ」とやんわりだけど、しつこく言われた(これにかかる費用は5万円)。建設地は、両親が住んでいるので、僕だけの判断では即決できないので、その場では結論を出さず、親と相談するということにした。

その夜、親と相談の結果「まだ早い」という結論に。